正しい髪の乾かし方

正しい髪の乾かし方

 

ドライヤーをあてると髪が傷む・・・そう思って、
自然乾燥または濡れたまま寝てしまう
なんてこと、していないかしら?

 

実はコレ、頭皮にも髪にもとても悪いことなの

 

まず頭皮のお話。

適度な湿度と温度、毛穴から分泌されるたっぷりの皮脂。
私たちの頭皮は、体の中でも特に細菌やバクテリアが
繁殖しやすい条件がそろっているの。

 

濡れたままの湿った状態で寝てしまうと、
雑菌が繁殖して頭皮環境が悪化してしまって
健康で丈夫な毛髪を保てなくなるの。

 

もうひとつ。
濡れたまま寝ると、頭皮の冷えて
血行が悪くなってしまうのよ。

 

その結果として、抜け毛や薄毛が進んでしまったり
ツヤやコシの無い残念な髪質に変わってしまうの。

 

 

次に髪のお話。

 

髪のキューティクルは乾いている状態で閉じ、
濡れている状態では開いているの

 

シャンプー後に乾かさずにいると、
開いたキューティクルの隙間から
必要な水分や栄養分まで蒸発
してしまうの。

 

これを続けているとカサカサとした乾燥毛
なってしまうわけなの。

 

それから
髪にとってぬれた状態は、一番無防備になって
非常に傷みやすくなっているから注意が必要よ。

 

その状態でブラッシングをすることは
髪を傷めてしまうので絶対にやってはいけないわ

 

 

髪を守るためにはドライヤーを使う前に
洗い流さないトリートメント剤などを
使うと効果的よ。

 

洗い流さないトリートメントなどで
髪をコーティングをすることで、

 

摩擦や熱のダメージを防ぐ
ことができるからなの。

 

表面を保護した状態で
しっかりとドライヤーで乾かすと
開いているキューティクルが閉まり、
髪にとって必要な水分を保護してくれるわ。

 

 

毎日のヘアケアも少しづつ気を付けることで
大切な髪と頭皮を守ることができるってわけ。


 

 

しっかりタオルドライ

 

タオルドライをする時は、
髪をこすりあわせないように注意してね。

 

タオルで髪をこすりあわすと髪が傷んで、
切れ毛や抜け毛の原因に
なってしまうからなの。

 

タオルで髪を優しく包んで
水分を取ることが大事よ。

 

このとき、根元からしっかり水分を
取っておくと、ドライヤーをかける時間を
短縮できるから、髪のダメージの軽減
にもつながるわよ。

 

吸水性の良いタオルや、最近では専用の
くるんだりするタオルも市販されているから
活用するとイイかもしれないわ。

 

レイコはお風呂で洗った後すぐに、
この専用ドライタオルをかぶって
湯船につかっているわよ。

 

 

 

ドライヤーのかけ方

 

ドライヤーをかける時は近づけすぎず、
20センチくらい離して
髪の根元から先に乾かすようにしてね。

 

髪は毛先ほど乾きやすいから、根元から乾かすことで、
毛先のオーバードライを防げるの。

 

パサついた感じになるのも毛先の乾かしすぎが原因であることも。
後頭部から前髪の順に、根元から毛先へ、内側から外側
乾かしていくのがポイントよ。

 

ドライヤーをあてる角度も重要よ

 

 

キューティクルの流れにそって、上から下に向かって
ドライヤーをあてると、キューティクルが整って
それだけでもツヤが出るの。

 

レイコもそうだったけれど
ドライヤーを使うと髪が傷むと思われがちだけど、
それはオーバードライしているのが原因なの。

 

髪を100%乾かしてしまうと、
乾かしたあとも髪に残った余熱で
水分を奪ってオーバードライになってしまうの。

 

だから、髪質にもよるけれど、8割ほど乾いた時点で
ドライヤーを止めた方がいいのよ。

 

できれば、冷風に切り替えて頭皮にこもった熱を
取って蒸れを防ぐと効果的よ。

 

 

こうすることによってツヤのある綺麗な仕上がりになるわ。

 

是非、実践してみてね。

 

 

 

美しい髪を育てたい方は⇒ラサーナ薬用地肌エッセンス