紫外線の影響とケア

紫外線の影響

 

 

 

夏に限らず、私たちは1年中、紫外線にさらされているわ。

 

みなさん顔や腕・足などには
日焼け止めクリームなどで
しっかり紫外線対策をしているわよね。

 

でも、意外と髪や頭皮に対しては、
気にしてない人が多いのではないかしら。

 


 

 

強い紫外線はパーマと同様のダメージを与える

 

紫外線には、毛髪の強さを保っている「シスチン結合」という
アミノ酸の結合を分解する作用があるの。

 

シスチン結合が分解されると、
髪のパサつきや枝毛・切れ毛、
毛髪避色(色が抜ける)の原因
になるわ。

 

これによく似た作用をするのがパーマなの。

 

パーマはこのシスチン結合を切ったりつなげたりすることで
髪を変化させるものなのよ。

 

だから、紫外線を大量に浴びることは、
パーマをかけるのと同じようなダメージを
髪が受けているということになるの。

 

 

さらに、紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生して、
細胞の老化が早まるわ。

 

当然皮膚の老化も早まり、
頭皮が乾燥したり硬くなったりして、
髪の育成を妨げる
ことになるの。

 

また、細胞の老化は、
毛髪を作り出している毛乳頭の働きも低下させるから、
健康な毛髪が育たなくなってしまうの。

 

 

紫外線対策

 

では、顔などと同じように、髪や頭皮にも必要な紫外線対策は
どのようにすればいいのか?

 

具体的に説明していくわね。

 

 

日傘や帽子の活用でダメージを最小限に

もともと日本人の髪はメラニン色素が多い黒髪で、
紫外線には強い髪質なの。

 

とはいえ、長時間紫外線を浴びたり、
日常的に日光の下にいる生活を送っていると、
ダメージは大きくなるわ。

 

紫外線の害から髪を守るには、日傘や帽子を活用し、
髪や頭皮に日光が当たらないようにする
ことが一番よ。

 

最近は、紫外線を吸収してその害を防ぐ
「髪のUVスプレー」なども市販されているから、
それらを活用するのもいいわよ。

 

 

紫外線のダメージをケア

 

紫外線を浴びた髪や頭皮はデリケートになっているから、
シャンプー剤は刺激の少ないものがおすすめよ。

 

紫外線ダメージを最小限にとどめるために、
シャンプー後のトリートメントをきちんと行い、
コンディションを整えておく
ことが必要。

 

また、育毛剤で頭皮に栄養を与えることも、
紫外線による頭皮や毛乳頭の老化予防に有効なのよ。

 

8月は紫外線量がもっとも多い時期。

 

お肌の日焼け対策と同じように
髪や頭皮も紫外線からしっかり守ってあげてね。

 

 

おまけ

 

プールの塩素で髪は変色するの?

「プールの塩素で髪が赤茶けた」という声をよく耳にするわね。
しかし、現在のプールの塩素濃度(0.4〜1.0ppm)では、4時間髪を浸しても
変化がないことがわかっているの。
おそらく、プール後のシャワー不足で、残った塩素が紫外線に当たって変色したと
思われるわ。
泳いだ後は水またはぬるま湯のシャワーでしっかり洗い流し、なるべく紫外線に
当たらないようにするといいわよ。
シャンプー剤を使わなくても髪についた塩素は落ちるわ。
また、シャンプー剤を使わないでシャワーで洗い流した場合も
髪のケアは必要だからトリートメントを行うことをレイコはおススメするわ。

 

 

夏のケアにも育毛剤⇒おススメ育毛剤ランキングはこちら