夏のニオイ対策は頭皮ケアから

爽やか夏対策

 

 

 

夏になると気になるのが汗の臭い

 

「もしかしたら、私臭ってるかな・・・」
と、気を使っている人も多いのではないかしら。

 


 

汗と臭いの関係は?

 

 

体臭は主にアポクリン腺から出る汗の分泌物が
もとになって、体から発生する臭いなの。

 

もともと汗は無臭なんだけど、
汗に含まれる皮脂や老廃物、塩分などが細菌により
分解されて腐敗臭を発生するの。

 

 

臭いのもとはカラダだけではなく
実は頭皮からも大量に発生するわ。

 

頭皮は人の体の中で一番皮脂が多く
臭いやすい場所
なの。

 

特に夏場は、大量に汗をかくうえ
帽子をかぶる機会が増えて
いつも以上に臭いが発生しやすくなるわ。

 

 

臭い対策は頭皮ケアから

 

まず1番大事なのは、
汚れをしっかり落とすこと。

 

シャンプーで汚れを落とすわけだけど、
分け目の頭頂部だけではなく、後頭部や襟足を意識して
頭皮をマッサージするように洗うといいわよ。

 

 

そして、シャンプー以上にすすぎに時間をかけることも
重要なの。

 

頭皮にシャンプー剤が残ると雑菌の繁殖を招くわ。

 

たっぷり時間をかけて念入りに生え際や顔回りなども
しっかりすすいでね。

 

生え際や顔回りにシャンプー剤が残っていると
毛穴が詰まってしまって、ニキビや吹き出物の原因にもなるわ。

 

 

 

 

もう一つ 大事なことは
しっかり乾かすこと。

 

濡れたままの状態が長ければ長いほど
雑菌の繁殖しやすい状態が出来てしまうの。

 

濡れたままの頭皮は
・雑菌のエサになる皮脂
・適度な温度と湿度

 

まさに雑菌の楽園なの。

 

雑菌を繁殖させないためには
手早く乾かしてしまうのが1番の得策よ。

 


 

 

まずは乾いたタオルで「タオルドライ

 

タオルでゴシゴシこするのは厳禁よ。

 

濡れたままの髪の表面は、
髪の水分・栄養分を守っているキューティクルが開いた状態なの。

 

それをゴシゴシこすっては髪は
かなりのダメージを受けて
髪が痛んでしまうわ。

 

正しいタオルドライは
髪の根元からタオルではさんで
ポンポン押さえて
水分を取っていく。

 

 

丁寧にタオルドライしたあとは
ドライヤーで頭皮を中心に乾かすのよ

 

「髪を乾かす」というより
「頭皮を乾かす」というイメージかしら。

 

20センチ以上離して
1か所に長時間、熱風を当て続けないように
注意しながら乾かしていってね。

 

最近の家電は進化していて
ドライヤーの切り替えスイッチに「HOT」「COLD」の他に
「ケア」というスイッチがついてるものもあるわよね。

 

一定の温度以上にならないように
自動で温度調節してくれる機能のついたものもでているわ。

 

買い換えられるときは、そこもチェックしたら良いわよ。
夏の嫌な臭い対策として、頭皮ケアは重要よ。

 

頭の洗い方や乾かし方で臭いの予防ができるから、
夏こそ丁寧なケアを心がけてね。

 

 

 

レイコが実際に使って良かった育毛剤はこれ!