医薬品と医薬部外品

医薬品と医薬部外品

 

 

現在販売されている育毛剤は数多くあるけれど

 

医薬品
医薬部外品

 

の2つに分けられるわ。


 

医薬品の育毛剤

育毛剤の中でも特に効果の高いのが「医薬品」だけど
副作用の心配があることも知っておかなくては
いけないわ。

 

育毛効果のある成分として一番有名なのは
ミノキシジル」よ。

 

これはもともと、血圧を下げる薬として服用した患者の多くから
発毛効果が見つかったことから発毛剤として使われ始め、
色々な国で医薬品として認可されているの。

 

 

国内で販売されているミノキシジル配合の育毛剤には

 

・リアップ
・ロゲイン

 

があるわよ。

 

 

ミノキシジルの効能

 

頭頂部の薄毛に効果があるから、
AGAと呼ばれる「男性型脱毛症」に特に効果があるの。

 

女性の薄毛は「びまん性脱毛症」と呼ばれ、
症状が違うから、副作用の心配を抱えてまで
使用することは、レイコはおススメ出来ないわ。

 

 

ミノキシジルの副作用

大きな副作用はないとされているけれど、
以下の症状が報告されているわ。

 

・頭皮のかゆみ・かぶれ
・循環器系の副作用

 

皮膚の強い男性でも炎症を起こしたりかぶれたりすることが
多いようで、皮膚の弱い女性にはおススメ出来ない成分なの。

 

 

もう一つの成分が「フィナステリド」よ。

 

こちらは前立腺肥大の治療薬として使用されていて
ミノキシジル同様に服用者の発毛症状が見つかり
認可された成分なの。

 

 

フィナリテドの効能

 

フィナリテドには、男性ホルモンを抑制し
髪の成長を妨げる原因物質を抑える働きがあり
男性型脱毛症の治療薬として活用されているわ。

 

多くは服用薬として開発されているの。

 

 

フィナリテドの副作用

 

一般的には副作用の少ない成分といわれているけれど

 

・性欲減退
・胃部不快感

 

などが少ないですが報告されているわ。

 

女性は危険!

 

 

フェナステリドは男性専用の治療薬だから
女性は絶対服用してはいけないわよ

 

男性ホルモンを抑制する薬なので
ホルモンバランスを崩してしまうだけではなく

 

妊娠中の女性が錠剤に触るだけで
胎児に悪影響を及ぼすとても危険な薬
なの。

 

 

以上のように、医薬品の育毛剤は
効果も大きいけれど副作用のリスクも大きい

 

ということを考慮すると女性には
おススメ出来ないとレイコは思っているわ。


 

 

医薬部外品の育毛剤

 

医薬品の育毛剤の多くは女性向けではないことから
カラダな優しい自然由来の成分から作られた
育毛剤が開発され、販売されるようになってきたわね。

 

医薬部外品」とはいえ、きちんと効果があるから
育毛剤として厚生労働省から認可された商品だから
安心して使用することができるわ。

 

育毛には時間がかかるから、副作用の心配のない
「医薬部外品」の育毛剤の使用を
レイコはおすすめするわ。

 

 

安心して使える医薬部外品の女性育毛剤