シャンプーやカラーの影響

育毛シャンプーの重要性

育毛において最も大事なのは
「頭皮の健康」といえるの。

 

頭皮が油やフケなどで汚れていると
育毛剤は必要なところに浸透しないから、
効果を発揮することが出来ないの。

 

そこで、洗髪が重要になってくるのですが、
ただ洗髪するだけでは育毛にはならないわ。

 

一般のシャンプーは、頭皮と言うより
髪に焦点を当てて作られているものが多いから、

 

使い心地を向上させるためのさまざまな
添加物(シリコンなど)が多く使用されているの。

 

最近「ノンシリコンシャンプー」がTVCMなどで
よく目にするようになったから

 

気になって友達の美容師さんに
実際どうなのか聞いてみたの。

 

 

使っているシャンプーの成分表を見ても、
「シリコン」とは表記されていないから、
実際はとてもわかりづらいわ。

 

でも、大半のコンディショナー(一部シャンプー)には
シリコンが配合されていて、静電気を防止し、
指通りを良くサラサラに仕上げる働きをするそうよ。

 

コンディショナーのあと、髪がキシキシしなくなるのはこれのおかげだったってわけなの。

 

でも、髪の手触りには効果的なこのシリコン剤は毛穴を塞いでしまうから、
育毛には大敵なんだそうよ。

 

シリコン系の成分は10種類以上あるのだけど、
代表的なものは「ジメチコン」「シクロメチコン」や「クロスポリマー」などね。

 

ちなみにレイコが使ってたシャンプー・コンディショナーにはどちらも
「ジメチコン」が入っていたわ。

 

頭皮ケアには大敵の「シリコン」だけど、
痛んだ毛先をコーティングするという意味では
とても優秀よ。

 

もし、痛んだ髪のケアを考えて使用したい場合は、
絶対に頭皮につかないよう注意するよう
美容師さんに言われたわ。

 

シャンプー後につけるコンディショナーは、
頭皮についてしまうから使わず、
髪を乾かす時に使う
「洗い流さないタイプ」のトリートメント
を使うのがおすすめだそうよ。

 

レイコは今まで、
シャンプー後⇒コンディショナー、さらにお風呂上りに「洗い流さないトリートメント」
という使い方をしていたわ。

 

でも、間のコンディショナーが余計で、頭皮によくないことしてたんだと気づいて、
今では使ってないの。

 

 

それから、シャンプーについても、
普通のシャンプーは、泡立ちが良く洗浄力が強すぎて、
頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうの。

 

それによって皮膚がカサカサになってしまうから、
毛穴にある皮脂腺からすぐに油が分泌され、

 

毛穴が詰まって炎症を起こしたり、
血行が悪くなって毛根に十分に栄養が
行き届かなくなったりするの。

 

その結果、細くて抜けやすい毛しか生えてこなくなって、
やがて毛髪の生成すら行われなくなってしまうの。

 

育毛シャンプーは、
頭皮のことを第一に考えて作られているから、
頭皮に負担をかけることなく、

 

育毛に適した頭皮環境を作ることが出来るし、
育毛を考えるなら是非シャンプーも変えてね
って美容師さんに言われたわ。


 

 

 

正しい乾燥法

よくドライヤーは髪に悪いって言われるから
気になって美容師さんに聞いてみたの。

 

そしたら、答えは間違った知識だったわ。

 

洗髪後、濡れた髪のまま放置しておくと、
身体が冷え、血行が悪くなってしまうの。

 

血行不良は、頭皮環境にとって
とても悪いこと。

 

また、髪は濡れている間、
キューティクルが非常に剥がれやすくなっているわ。

 

そのまま眠ってしまったりすると、
枕や髪同士との摩擦でキューティクルが剥げ落ち、
髪を傷めてしまうそうなの。

 

もっと怖いのは、長時間濡れたままの頭皮でいると、
雑菌が繁殖して頭皮に悪影響を及ぼすってこと。

 

ドライヤーが髪や頭皮にダメージを与えることは事実だけど、
正しい使い方をすればダメージは最小限に抑えらるって教えてもらったわ。

 

 

レイコはドライヤーは絶対髪に悪い、と思っていたから、
ずーっと自然乾燥派だったの。

 

だから、夜洗うと乾かないうちに寝ることになるか、
それが嫌でシャンプーは「お出かけ前」
つまり朝シャンしてたの。

 

それって、汚れを残したまま寝て
頭皮にダメージをあたえてたってことだったのね。

 

これもレイコが薄毛になった原因の一つだったかもしれないわ。

 

このように自然乾燥にはいいとこはほぼないわ。

 

自然乾燥によるリスクを考えると、
洗髪後はすぐに、ドライヤーを使って
髪と頭皮を乾燥
させましょう。

 

ヘアーカラーが薄毛に悪影響?!

 

 

 

白髪染め、オシャレ染め
女性のほとんどの人が髪を染めたことが
あるんじゃないかしら?

 

「髪を染める」という行為が
実は髪を傷めるだけではなく薄毛を招く原因になる
ということを、知っておく必要があるわ。

 


 

 

ヘアカラー

ヘアカラー またはヘアダイと呼ばれる永久染毛剤は、
毛皮質内部に化学反応を起こさせることで染色するの。

 

わかりやすく言うと、髪の表面のキューティクルを開かせて、
その中へ染料をしみ込ませる。

 

だから髪は確実に損傷するわ

 

それに酸化染毛剤の主成分である「パラフェニレンジアミン」に
強いアレルギー反応を示して皮膚がかぶれてしまう人もいるの。

 

美容院で美容師さんが必ず手袋をしているわよね。
それだけ、お肌には良くない成分だと言うこと。
だから頭皮にもいいわけがないわね

 

ヘアマニキュア

それに比べ、ヘアマニキュアは、
毛小皮内や毛皮質の一部に染料を浸透させるから
毛髪は、損傷しないの。

 

皮膚への刺激も少ないから、アレルギーの心配がある人は
マニキュアにした方が安全よ。

 

パーマ

パーマも髪の毛を損傷してしまうから、薄毛にはよくないわ。

 

パーマもカラーリングも薬剤の刺激が強くて、短期間で繰り返すと
頭皮や髪を傷めてしまうわ。

 

どうしても必要な場合は

 

パーマは1〜2ヶ月に1回
カラーリングは最低でも1ヶ月に1回、出来れば2ヶ月以上

 

間隔をあけることをレイコはおすすめするわ。。

 

 

過度なヘアダメージの影響

 

最近、薄毛に悩む女性が低年齢化してきたのは、
10代のころからカラーリング・脱色・パーマなどで
髪や頭皮を痛めつけてきた結果だと言えるわ。

 

遺伝による脱毛が大半を占める男性は
一度抜けるとまた生えるのは難しいといわれているの。

 

しかし、女性は一度生えたら一生持続できるから、
きちんと育毛ケアをしていけば、髪はすぐに取り戻せるわ。

 

悩んでいないで、一刻も早く育毛を始めましょ!

 

 

⇒ドライヤーやカラーで髪が痛んでしまった方は