育毛に効く漢方が存在する?

育毛に効く漢方が存在する?

 

 

東洋医学では薄毛の悩みに関して、
薄毛だけに注目するのではなく、
体質を改善することが大切であると考えているわ。

 

そのため、即効性はないけれど、
体の内側から薄毛を改善することができるの。


 

それにはまず自分の体質を知り、
薄毛の原因が何なのかをきちんと突き止めておく必要があるわ。

 

東洋医学では「気・血・水」の3要素がバランスを保つことで、
健康な体を作りだすと考えられているわ。

 

薄毛や体調不良などの原因は、
この3つのうちどれかのバランスが崩れていることに原因があるの。

 

ストレスなどでも抜け毛は起きるけれど、
これは生きるための気が不足している「気虚」によるもので、
気力を補うための薬が有効よ。

 

うつ病など心の疲れも解消する効果があるから、
ストレスによる心の悪循環を断ち切ることもできるわ。

 

「血」に関していうと、漢方では髪は血の一部と考えられ
「血余(けつよ)」と呼ばれているわ。

 

髪の毛を産み育てる毛母細胞に
栄養を送るのは血液だから、
その血液がドロドロだったり、
血管が収縮して血行が悪くなっていたりすると、

 

十分な栄養が供給されないため
太くしっかりした毛は生えて来ないの。

 

従って、育毛には頭皮の血行を良くすることが
大切
ということになるの。

 

 

どんな漢方が育毛にいいの?

また髪は「腎の華」とも言われているわ。
漢方で言う「腎」とは西洋医学の腎臓だけを指すのではなく、

 

人間に本来備わっている生命力や免疫力、
自然治癒力などに関わる機能を指すもので、
泌尿器系・生殖器系・ホルモン代謝系・
自律神経系・免疫系などが含まれるわ。

 

この腎の働きが弱まる「腎虚」が進むと、
薄毛を含む様々な症状が現れると考えられているわ。

 

従って、腎の働きを補う「補腎」の作用がある薬が
育毛に良いということになるわね。

 

 

血虚が原因の薄毛には、
当帰芍薬散、四物湯、婦宝当帰膠、十全大補丸などが有効よ。

 

当帰芍薬散には体を温めて血流を改善する効果があるの。
四物湯には血流改善のほか白髪にも効果があるわよ。

 

婦宝当帰膠には、
良質な血を補う補血作用と血行を改善する活血作用があるわ。

 

これらは、どれも生理痛や冷え性、貧血など
女性の悩みを解消するのによく用いられる薬だけれど、
それだけ血虚に対する効果が高い薬と言えるの。

 

十全大補丸は冷え性で貧血気味で顔色が悪く、
疲れていたり体が弱っているときに
気力と体力を補い元気を取り戻してくれるわ。
血虚・気虚ともに効果のある薬よ。

 

気虚が原因の薄毛には、
柴胡加竜骨牡蛎湯や桂枝加竜骨牡蛎湯が良いわよ。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯は気持ちを落ち着け、
心をおだやかにする作用があり、
ストレスがたまっている人に向いているわ。

 

桂枝加竜骨牡蛎湯は神経質タイプで些細なことにも興奮しやすく、
気分が憂鬱で物忘れしやすいと言った人に向いているわ。

 

腎虚が原因の薄毛には、
八味地黄丸や十全大補丸、補中益気湯が良いわよ。

 

八味地黄丸は加齢に伴う脱毛や白髪に効果があるの。

 

疲れやすくて手足が冷えやすく、
尿の出が悪い、夜何度も小用に起きる、
軽い尿漏れがある等の症状に効く薬よ。

 

十全大補丸は貧血や胃弱、虚弱体質、
食欲不振や病後の回復促進などに用いられる薬なの。

 

補中益気湯は胃腸の働きを良くして体力を回復させ、
元気を取り戻してくれる薬よ。
食欲不振や疲労回復、胃弱や夏痩せ、
長引く風邪や病後の体力回復に効果があるわ。

 

 

 

育毛に漢方薬を用いる際は、
このように体質の違いによって
薬も違ってくるから、

 

漢方医などの見立てによって
体質に合った薬を選ぶことが大切よ。

 

体質に合わない薬を飲むと
効果が出なかったり、
逆に体に悪影響を及ぼしてしまうこともあるので
注意が必要なの。

 

体質から改善していく育毛だから、
根本的な治療とも言えるわ。

 

育毛剤と合わせて使う事で、
育毛効果も出やすくなるとレイコは思うわ。


 

 

レイコが実際に使って良かった育毛剤はこれ!