失敗しない女性用育毛剤選び!お悩みの症状別、口コミランキング

ダイエットと薄毛の関係は?

 

頭髪が抜け落ちてしまい地肌が露出する、
いわゆる薄毛という症状に悩みを持つ人は、
男女を問わず沢山いるという事がわかっているわ。

 

現在では、病院でも改善するための治療を行う所が
増えてきているの。

 

一人で悩みを抱えるのではなく、
医学的な根拠を持った適切な治療を受ける事により、

薄毛が改善する可能性は高くなるの。

 

男性と女性では、頭髪が薄くなる原因に違いがあるわ。


 

男性の場合は、男性ホルモンの一種が還元酵素により変換される事で作りだされる
DHTという物質が原因の男性ホルモン型脱毛症が大部分であり、
中年期以降に額から頭頂部にかけての部分が薄くなってしまうのが特徴よ。

 

この男性ホルモン型脱毛症に対しては、
医学的に効果が認められている治療薬が開発されているわ。

 

この治療薬は、還元酵素の働きを制限する作用がある治療薬よ。
男性ホルモンが変換されなくなり、脱毛の原因物質であるDHTの生産を防止できるの。

 

頭髪は脱毛原因物質の影響を受ける事が無くなるので、
正常に成長するようになり男性ホルモン型脱毛症の症状が改善されるわ。
この治療薬は、医療機関等で購入する事が出来るわよ。

 

男性ホルモン型脱毛症は、男性ホルモンから作りだされる物質が原因の症状であり
したがって、男性だけの症状になるの。
よって、この症状に対しての治療薬も男性だけしか使用する事は出来ないわ。

 

女性の場合は副作用が生じる危険があるから、
使用するだけではなく、購入する事も禁止されているの。

 

そのため、女性の頭髪の改善のためには、
別の方法を実践する必要があるの。

 

女性の薄毛は、男性とは異なり原因を特定する事が難しいの。
症状は様々であり、薄くなる部分も個人差があるわ。

 

原因として考えられるのは、女性ホルモンの分泌量の低下、
栄養不良、パーマやカラー等によるダメージ、
ストレス等が考えられるわ。

 

最近になり、特に増加している事を考え合わせると
ダイエットによる栄養不良の可能性が高いとみられているの。

 

タンパク質の不足で髪が薄くなる?

 

髪の毛はタンパク質により作られているわ。

 

そのため、タンパク質の摂取量が不足すると
材料が提供されなくなり十分な量を
作る事が出来なくなってしまうの。

 

女性は通常の食事でもタンパク質が不足しがちであるので、
食事制限によるダイエットを行うと
さらに不足する度合いが高くなるわ。

 

タンパク質が不足した事が原因の薄毛の特徴は、
頭髪全体が細くなるという事よ。

 

男性ホルモン型脱毛症の場合は、
DHTの影響を受けない
後頭部や側頭部は変化が見られない事が多いのですが、
栄養不良が原因の場合は
後頭部や側頭部の頭髪も細くなってしまうの。

頭髪全体が細くなってしまっている場合は、
タンパク質の摂取量が不足している事と
関係している事が考えられるわ。

 

ダイエット中に薄毛になってしまわないためには、
このタンパク質が不足しないように心掛ける必要があるの。

 

タンパク質が有効に働くためには、
ビタミンやミネラルも関係しているわ。

これらの栄養素も併せて摂取する事により、
症状が改善される可能性があるわよ。

 

女性の薄毛に対しては、全てに効果が期待できる
治療薬は未だ開発されていないの。

 

医療機関での治療は男性型脱毛症に対してが中心であり、
女性の場合は個々の症状に合わせての治療となるわ。

 

このために、日常生活の見直しが
非常に重要な要素となってくるの。
食生活の改善は特に考えなければならない部分よ。

 

 

ダイエット中に栄養不足にならないように気をつけて

 

タンパク質を豊富に含んだ食品の中には、
大豆類等のカロリーがそれほどでもないものもあるわ。

 

さらに、大豆類にはたんぱく質を有効に働かせるのに必要なビタミンやミネラルと、
女性ホルモンと似た働きを行う栄養素が含まれているの。

 

頭髪の状況が思わしくない状態でダイエットを継続しなければならない場合は、
これらの食品を上手く活用するという方法もあるわ。

 

頭髪を守りつつダイエットを行いたいと考えているなら、
タンパク質の摂取量には気をつけてみてね。

 

 

薄毛はもしかしたら生活習慣のせい?

ダイエットだけではなく、薄毛と生活習慣にも密接な関係があるわ。

 

生活のリズムが乱れてしまったり、偏食が続いてしまうと、
髪の毛に必要な細胞の回復と栄養素が足りなくなってしまうために
頭皮ダメージを与え続けてしまうの。

 

これらはちょっとした悪習慣によっても引き起こされるわ。
日常において髪に対して悪い習慣を身につけないようにしましょうね。

 

 

具体的にはどんな習慣のせい?

 

朝のシャンプーは危険!?

 

頭皮にダメージを与える原因に朝のシャンプーがあるわ。
朝にシャンプーをする習慣のある人は注意が必要ね。

 

頭皮には紫外線などのダメージから頭皮を守るために脂質が必要なの。
この脂質はありすぎると毛穴に溜まってしまったり、
頭皮を汚してしまう原因になるわ。

 

でも、最小限この脂質が無いと紫外線などの外部の刺激から
頭皮を守ることが出来なくなってしまい、
頭皮にダメージを与えてしまうの。

 

朝にシャンプーをしてしまうと、頭皮に必要な脂質を落としてしまうことになり
頭皮を外部の刺激から守ってくれる物が無くなってしまうの。

 

その結果、頭皮に刺激がダイレクトに伝わってしまい
髪の毛が生えてくる環境を破壊してしまうのよ。

 

朝にシャンプーをして外部からの刺激が多い状態が長く続いてしまうと、
頭皮は外部の刺激から頭皮を守ろうと、
より多くの脂質を放出するようになるわ。
これが頭皮の脂質が増えてしまう原因なの。

 

頭皮の脂の異常分泌は、頭皮が外部からの刺激に対して
頭皮を守ろうとする防衛反応なの。
朝のシャンプーで脂質をたくさん落としてしまうと、
頭皮は今の分泌量では足りないと判断し、
より多くの脂質の分泌を促すわ。

 

 

睡眠不足は薄毛の大敵

 

夜に良質な睡眠を取らないことも薄毛の原因になるわ。

 

睡眠中は成長ホルモンがたくさん分泌され、髪の毛を生み出したり
頭皮の細胞の修復や再生を行うの。

 

そのため、しっかりとした睡眠を取らないと髪の毛を生み出したり、
細胞の再生や修復が行われないためにダメージが蓄積されてしまい
髪の毛が薄くなってしまうわ。

 

良質な睡眠を得るために重要なことは、朝にしっかりと日光を浴びること。
人間の体は日光を浴びることにより、体内時計を正常に戻しているの。
人間の身体の体内時計は25時間サイクルで動いているわ。

 

そのため、何もしないでいると25時間を基準に体が動くようになっているため、
毎日就寝するために適したタイミングが1時間ずれるようになってしまうの。

 

これを24時間サイクルに戻すためには、日光を浴びる必要があるわ。
そして、日光を浴びた15時間後には、メラトニンが放出されるようになるの。

 

メラトニンは睡眠に入るために必要な人間のホルモンよ。
メラトニンの放出量が増えれば増えるほど、
深い睡眠状態に入ることが出来るの。

 

メラトニンの分泌量が多いと、
睡眠中に分泌される成長ホルモンの量が多くなるわ。
この成長ホルモンは細胞の再生や修復に密接な関係があるの。

 

成長ホルモンの分泌量が多くなると、体中の細胞の新陳代謝が良くなり
より若々しく活動を行うことが出来るわ。

 

これは頭皮においても例外ではないわ。

 

頭皮でも成長ホルモンの分泌量が多くなると髪の毛が多くなったり、
頭皮の環境が良くなったりするの。

 

年齢を重ねるごとに髪の毛が薄くなってしまう原因に
この成長ホルモンの分泌量が減少してしまうことがあるわ。

 

 

成長ホルモンの分泌量は思春期をピークに減少し、
20代には思春期の半分の量、
そして40代にはほとんど分泌されなくなってしまうの。

 

このため、普段から成長ホルモンを
分泌させる習慣が必要なの。

 

薄毛になってしまう原因には、
このようにちょっとした生活習慣が影響するわ。

 

朝シャンをする習慣やしっかりとした睡眠を取らない人は、
薄毛になりやすくなってしまうの。

 

薄毛を予防するためには、生活習慣の改善を行ったり、
育毛剤を使ったりなど行動を起こさない限りは
何も変わらないわ。

 

あなたに合ったやり方を試してみてね。


 

 

レイコが実際に使って良かった育毛剤はこれ!