失敗しない女性用育毛剤選び!お悩みの症状別、口コミランキング

男性用育毛剤は女性でも使用できる?

 

 

最近は女性の方も薄毛に悩む方が増えてきているわ。

 

そこで気になってくることが男性用育毛剤は女性でも使用できるのか、という問題ね。

 

結論から言えば男女兼用となっている製品以外のものは使用しないほうが安全よ。

 

男性が薄毛となる原因には男性ホルモンが関わっているの。

 

そのため男性向け育毛剤の場合には、
男性ホルモンを抑制することにより
育毛につなげている製品が多いの。

 

男性ホルモンに働きかける成分が入っていることで
悪影響が考えらるわ。

 


 

 

女性用と男性用の違い方

 

育毛剤に女性用・男性用の違いがあるのはご存じかしら?

 

髪の毛を元気にするという意味では、
女性用も男性用も同じだけれど、
女性と男性ではそもそも脱毛・育毛のメカニズムに違いがあるから、
「女性用」「男性用」と区別されているの。

 

女性と男性では何が違うのか?

男性に多い脱毛は、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる
「男性ホルモン」が大きく関係する症状よ。

 

「男性ホルモン」に弱い、
髪の生え際と頭頂部から抜け落ちていき、
てっぺんハゲ状態に近づいていってしまうの。

 

これに対しては現在、医師の処方で
男性ホルモンを抑制する成分を含む内服薬を使うことで
治療が行われているわ。

 

なので、この男性ホルモンを抑制する成分が
含まれる育毛剤がたくさん市販されているの。

 

しかし、この薬はホルモンバランスに悪影響を及ぼす可能性から、
女性に使用するのは禁止されているから女性は注意が必要よ。

 

特に妊娠中の人は触れるだけで胎児への悪影響もあるため、
取り扱いには充分に注意してね。

これに対し、女性の脱毛は、老化や閉経などの女性ホルモン低下・ストレスなどの外的要因が原因なの。

 

「びまん性脱毛症」と呼ばれる頭頂部が
じわっと薄くなってくる症状ね。

 

なので、毛母細胞や毛根細胞に直接働きかけて活性化する成分を
使用した商品が有効になってくるわ。

 

このように、髪のメカニズムの観点から、
作用の違いで「女性用」「男性用」と区別されるの

 

中には「男女兼用」という商品もあって、
どちらにも効果があるのでしょうが、
特に「女性用」と明記された商品の方が
女性が安心して使える商品だとレイコは思うわ。

 

それに加え、「男性用」には特有の匂いがあるものが
多く、それが嫌で使用を控える女性も多いようね。

 

ニオイに敏感な「女性用」に優しい匂いに改良された商品が
ほとんどだから、嫌な匂いを我慢しないで
長期間続けられると思うわよ。

 

 

 

妊娠中の女性は気をつけて!!

特に妊娠中の方が男性用育毛剤を使うのは絶対にいけないわ。

 

妊娠の影響で髪の毛が薄くなるケースも多いけれど、
抜け毛が気になるからといって、
妊婦が安易にパートナーの育毛剤などを使ってしまうと危険よ。

 

男性ホルモンに影響を与える成分が入っていないとは
言い切れないからなの。

 

男性用育毛剤となっているのであれば
性別が限定されているので危険だと思ったほうがいいわ。

 

でも、育毛剤であっても男女兼用の製品もあるの。
その場合には使っても構わないわ。

 

もちろん、妊娠中の方の場合は妊娠中でも
使えるものかどうかを確認する必要があるわ。

 

妊娠中は育毛剤や育毛シャンプーなどについても
安心して使えるものを選んでね。

 

 

女性ホルモン入り育毛剤の効果

育毛剤に含まれる成分は様々だけれど、
一部に「女性ホルモン配合」
のものがあるの。

 

女性は40代後半から
女性ホルモンの一種であるエストロゲン
大幅に減少してくるわ。

 

このエストロゲンの減少により、
髪が細くなりボリュームがなくなる
抜け毛などの髪のトラブルが増えてくるの。

 

このように、薄毛と女性ホルモンは大きく関係しているの。

 

そのため、この女性ホルモンを育毛剤の成分として
外部から補給しようというコンセプトなのよ。

 

 

実は、女性ホルモン成分を含んだ製品として
販売されている育毛剤の種類はまだそれほど多くなくて、
効果については評価が分かれているわ。

 

 

女性ホルモンの成分が毛根に到達すれば、
毛母細胞の働きを活発にしてくれることはわかっているわ。

 

だけど、実際にはどの程度 成分が毛根まで行き渡るかは、
頭皮環境などにより個人差があるものと考えられるの。

 

 

そのため、女性ホルモンの減少抑制を
女性ホルモン入りの育毛剤だけに
頼ることだけでは不十分なの。

 

 

では、育毛剤以外に女性ホルモンの減少を抑制する方法だけど、
最も効果的なのが食生活の改善よ。

 

大豆に多く含まれている大豆イソフラボン
女性ホルモンに似た働きをすることは知ってるわね。

 

この大豆イソフラボンの補給のために、
なるべく豆腐、納豆、豆乳
摂取するようにするといいわよ。

 

女性ホルモンの分泌を増やすためには、
チーズやヨーグルトなど
乳製品に含まれるタンパク質も有効なの。

 

また、キャベツに含まれるボロン
エストロゲンを活性化する働きがあるわ。

 

キャベツ以外に果実や海藻類にも
多く含まれているわよ。

 

 

これらの食品を積極的に取り入れることで
女性ホルモンの減少を抑制し、女性ホルモンの分泌を増やすこともできるの。

 

このように女性ホルモンを増やし内面から薄毛防止対策をしたうえで
更に育毛剤を使用すると効果が倍増するわ。

 

女性ホルモン配合の育毛剤だけにこだわらず
あなたの視点で自分にあった育毛剤を選んでいただきたいとレイコは思うわ。

 

頭皮の環境を整えよう

 

育毛剤の役割は頭皮の環境を整えることにあるわ。
頭皮の血行を促進してくれるものもあるわね。

 

また、頭皮の炎症を抑えてくれるものもあるわ。
炎症を抑えてフケやかゆみ・腫れ物を鎮めるなど、
頭皮のトラブルを改善してくれるものもあるわよ。

 

細胞を活性化させて髪の毛の成長を促す効果のあるものもあれば、
男性ホルモンが原因の脱毛を抑える効果のある製品もあるわ。

 

 

男女で抜け毛の原因は違う?

頭皮の環境を整えることは育毛に大切なことよね。
しかし、抜け毛の原因にあわせて育毛剤を選ぶことはもっと大切なの。

 

抜け毛の原因は男女で違いがあるわ。

 

妊娠、出産などで抜け毛が増えた場合と
男性ホルモンの影響によって抜け毛が増えている場合とでは原因が違うの。
そのため、同じ製品を使っても効果は期待できないの。

 

それに男性に比べて、女性のほうが敏感肌の方が多いわ。

 

頭皮はデリケートだから、刺激の強い育毛剤を使ってしまうと
炎症やかぶれを起こす危険があるの。

 

男性向けに作られているものは爽快感を出すために刺激の強いものが多いから
その意味でも男性向けの製品は避けたほうがいいわ。

 

髪の毛が薄くなる原因として皮脂があげられるけれど、
皮脂は男性の方が分泌量が多いの。

頭皮は乾燥していても脂っぽくても薄毛の原因になるわ。

 

乾燥しているタイプの方は、汚れを取り除くことに必死になるよりも、
頭皮を保湿してあげるほうが大切よ。

 

乾燥していたり敏感になっている頭皮に男性向けの
皮脂をしっかりと排除してくれる製品を使っても逆効果になるの。

 

育毛のためには頭皮を健康にしてあげる必要があるわ。
頭皮を清潔に保ち、血行をよくすることが育毛には必要なの。
その部分においては男女ともに重要なことよ。

 

男女兼用の頭皮に優しいタイプの育毛剤であれば安心して使うことができるわ。
男女問わず、自分に合っている育毛剤を選ぶことは大切よ。

 

性別に合った育毛剤を選ぶことはもちろん
配合されている成分をチェックして自分に合った育毛剤を選ぶことが大切ね。

 

育毛剤選びも楽しんでストレスを減らそう

 

 

 

ストレスも薄毛の大きな原因ですからストレスなく
使用できる育毛剤を使うことがベストよ。

 

育毛剤の香りについても、自分好みのものを選んだほうが
ストレスなく継続することができるわ。

 

男性向け育毛剤は男性が好む香りになっており、
女性が好む香りではないから、ちょっと気になるかもしれないわね。

 

香りや使用感なども含めてストレスなく継続して
使うことができる製品を選ぶことが大事よ。

 


 

 

レイコが実際に使って良かった育毛剤はこれ!